お墓の基礎知識

トップ » お墓の基礎知識 » お墓の用語集

お墓の用語集


入壇

(にゅうだん)

檀家になることいいます。
檀家

(だんか)

その寺に属して、寺の維持を助ける信者の家のことです。
永代供養墓

(えいたいくようはか)

代々続いているお墓に永代管理・供養をお願いするのではなく、初めから永代管理・供養を行なうことを約束して販売されるお寺のことです。購入時に永代使用料を納入します。
永代使用権

(えいたいしようけん)

よく「お墓を買う」という言い方をしますが、お墓を購入するということは、正確には「永代使用権」を取得するということなのです。宅地分譲のように土地そのものの売買ではなく、永代にわたっての権利として墓地の使用権が認められるということなのです。一般的に使用権は子々孫々まで受け継がれてゆくことになります。
カロート

(かろーと)

納骨室(棺)のことです。地上式と地下式があり、以前はカロート内の土の上に遺骨をそのまま置きましたが、最近は骨壷のまま納骨することが多くなっています。底つきカロートが多いのはそのためです。
寿陵

(じゅりょう)

生前に建てるお墓を「寿陵(じゅりょう)」、あるいは「寿墓」、「逆修(ぎゃくしゅ)墓」ともいいます。最近はこうした生前墓を用意する人たちが増えています。
埋葬・埋蔵・収蔵

(まいそう・まいぞう・しゅうぞう)

埋葬とは死体を土中に葬ること、埋蔵は焼骨を墳墓に納めること、収蔵とは焼骨を納骨堂に納めることをいいます。
改葬

(かいそう)

埋葬した死体、収蔵・埋蔵した焼骨を他の墳墓や納骨堂に移すことです。いわばお墓のお引っ越しです。市区町村長の許可が必要です。
承継

(しょうけい)

墓地を受け継ぐ場合は、継承とはいわず承継といいます。
無縁墓地

(むえんぼち)

お墓を守る人の絶えた墓地のことです。
卒塔婆

(そとうば)

お釈迦様の遺骨(舎利)を納めた仏舎利塔を梵語(サンスクリット語)でストューパといいますが、卒塔婆はその梵語に漢字を当てはめたものです。ストューパを建築様式に移したものが五重塔で、板の形にしたのが卒塔婆です。塔婆を立てることは仏教に帰依するという意味があります。
期限付き墓地

(きげんつきぼち)

使用期限を設けたお墓です。期限がきたのに承継者がいないと、合葬墓に移されます。再契約も可能です。期限付き墓地は、墓地を再利用することで墓地不足を解消しようというのがひとつのねらいになっています。
墓埋法

(ぼまいほう)

昭和23年に制定された「墓地埋葬等に関する法律」のことです。お墓に関する基本的な法律です。平成11年に施行規則が大幅に改正されました。
吸水率

(きゅうすいりつ)

石材は種類が多く、その扱いが難しいといわれております。さらに天然石ですから呼吸もしていますので、自然の状態でも日々劣化をしているわけです。
よって特に吸水率の低い石は劣化が遅いので使用する場合は考慮すべき一つのポイントと思います。
吸水率とは、濡らした石の表面の水分を完全に拭い去った状態を「表面乾燥飽水状態」といいます。 これを仮に(A)と表示します。
また、100~110度の温度で定重量になるまで乾燥させたものを「絶対乾燥状態」といいます。
これをまた仮に(B)と表示します。
吸水率=(A―B)÷B×100%
圧縮強度

(あっしゅくきょうど)

圧縮試験によって破壊に至るまでの最大荷重を材料の原断面積で割った値をいう。1Mpa(メガパスカル)=1N/m m2(ニュートンミリ平方メートル)=100万分の1パスカル花崗岩では55~227N/m m2ぐらいの幅がある。