お墓の基礎知識

トップ » お墓の基礎知識 » お墓選びのポイントは?

お墓選びのポイントは?

購入にあたっての注意点

はじめに、墓地には寺院墓地や民営霊園、公営墓地など、その形態によって違いがありますので、どのような墓地を選ぶのかを決める必要があります。墓地の使用に際しては、さまざまな条件が付けられている場合もあります。例えば公営墓地では、遺骨がすでになくてはならない、あるいは寺院墓地にあっては、その寺院の檀家になることを条件とする、などがよくあるケースです。これらの点を十分に調べておきましょう。

墓地選びのポイントは?

墓地を選ぶ際に重要なのは、その立地や環境、さらには管理の状況、
そして使用者の権利や義務などがあげられるでしょう。

立地

例えば、ご自宅からの距離が遠すぎるなど、お詣りに出かけるのに不便な墓地は望ましいとは言えません。墓地までの所要時間や、交通の便は大切なポイントです。また、急な傾斜地に建てられている、駐車場から墓地までの距離が遠い、など墓地に適していない立地かどうかも確認する必要があります。

環境

周囲の環境も大切でしょう。
日当たりが悪くジメジメした場所でないか、騒音が激しくないか、なども要チェックです。

管理の状況

墓地内の管理も大切なチェックポイントです。
駐車場や休憩所、水汲み場やトイレなどの施設は適切に確保されているか、緑地や園内の道路などの整備がきっちりなされているかなどが重要でしょう。

使用者の権利義務

■宗旨・宗派の制限はどうなっているか
■区画がきっちり明示されているか
■管理費はどうなっているか
など確認しておきましょう

宗旨・宗派について

宗旨や宗派についての対応はさまざまです。宗旨・宗派一切不問であれば、購入後もどんな宗教に属しても構わないということになります。いっぽう、宗派不問ということであれば、伝統的な仏教であればオーケーと解釈したほうが良いでしょう。これに対して、過去の宗派は不問ということであれば、購入後にはその墓地を経営する宗教法人(寺院)の檀家になることが条件だと解釈するべきでしょう。そのような場合は、檀家として寺院を支えていくことが必要になり、寺院の行事への参加や、お布施などのつきあいも必要になってきます。また、後々の法要などでもその寺院にお願いすることになるわけですから、住職の人柄もよく考えてお墓の購入を決める必要があります。