お墓のデザイン

トップ » お墓のデザイン » 石材の種類について

石材の種類について

下記の中から、ご希望の石種をお選び下さい。
また、これ以外にも数多くの石をご用意しておりますので、ショールームへお越し下さい。


国産品

和型の墓石

庵治石(あじいし) 産地:香川県

古くより庵治石は「羊羹より高い石」と言われてきた。昔、砂糖は大変高価であり、羊羹は口に入らないもので、庵治石はその希少性と質の高さから高級品とされ、このような言葉ができてきた。この庵治石は花崗岩の一種で、その中でも特に高密度。墓石に加工すると、これほど目が詰まって、青味がかった奥深い色調と質感を持った花崗岩は他にありません。また、素晴らしい硬度と吸水率の低さも特徴。銘石・庵治石、一番の特徴は「斑(ふ)が浮く」という現象。磨けば磨くほど艶が出て、石の表面が幻想的な二重のかすり模様となる。高い山々にかすみたなびく雲の様であることから、古来より好まれてきた。墓石用材として最高級品であり、墓石だけでなく、燈篭・庭石・建築材など利用範囲は広く、その高い評価は揺るぎないものと賞賛されている。

和型の墓石

本小松石(ほんこまついし) 産地:神奈川県

糲目の淡灰緑色の色調で関東の最高級墓石の中心、仕上がりの色調、品位は、風格が感じられる。

和型の墓石

万成石(まんなりいし) 産地:岡山県

中生代白亜紀末に冷却固結して生じた淡紅色長石を含む桃色御影です。石質は極めて堅固なもので墓石には最適な特性をもつ。

矢掛青石(やがけあおいし) 産地:岡山県

硬く粘りがありきめが細かい、色は青みを帯びた黒色で、磨くと美しい光沢が出る、仕上がりの美しい墓石。

北木石(きたぎいし) 産地:岡山県

岡山県の北木島(周囲16km )で採石されている代表的な銘柄の一つで、白色を主に赤味を帯びた細目石、赤サビ色をした北木錆石とがある。石質は堅く、変色しにくい。

伊予大島石(いよおおしまいし) 産地:愛媛県

庵治石とならんで、石の目、色合いが奇麗で安定して採石されている。石質は細粒で硬く磨面のつや持ちがよく、変色しにくい等墓石には最適な特質をもつ。

紀山石(きざんいし) 産地:福島県

天光石(てんこうせき)とも呼ばれていて、天光石の黒口が紀山石と言います。また紀山石と言っても天光石の白口に近い見た目に白っぽい物もあります。福島県産の代表的な銘石。

羽黒糠目石(はぐろぬかめいし) 産地:茨城県

「まぼろしの石」といわれ、非常に希少価値の高い石。
石質、色合いともに県内産の最高級品。

真壁中目石(まかべちゅうめいし) 産地:茨城県

本県を代表する銘石。中目と小目があり、美しい光沢と仕上がりの美しい墓石。

真壁小目石(まかべこめいし) 産地:茨城県

本県を代表する銘石。中目と小目があり、美しい光沢と仕上がりの美しい墓石。

稲田石(いなだいし) 産地:茨城県

白色系花崗岩。硬質で艶が良く出る。粗目。吸水率が低く温度変化にも強いので割れにい。また国技館や最高裁判所など日本を代表する建物にも用いられている。

海外品

G688

外柵でよく使用される、中国白御影です

中国山崎

石塔に良く使われ、石が硬くあまり水を吸いません

中国小目

国産、真壁小目石に石目が似ているため、一般的によく使用されています

ファイングレー

石目が綺麗で、黒御影石のなかでも人気です

G9425

中国産、真壁中目石ににています

インド赤

世界中で最も赤い石といわれ、建築石材の分野でも人気があります

G663

ピンク色の小目。日本で「桃御影」とよばれています

G654

中国産グレー系御影石の定番として知られています

クンナム

インド黒とも言われ、インド産黒御影石のなかでも最高位の御影石です

インドスター

深みのある色調で、硬い黒御影石です

中国北木

生産量が特に多く、子々孫々の代まで安心して継がれる石です。

河北山崎

きめが細かく、国産の本山崎石によく似ています

G614

石質は軟らかい、墓石に良く使用されています

G623

外柵に多く使われている石です

山西黒

黒い石碑で多く使われている石です。中国産黒御影の定番として知られています