お墓のデザイン

トップ » お墓のデザイン » 書体・家紋・彫刻について

書体・家紋・彫刻について

墓石に刻む文字も「石の専門家」にお任せ下さい。墓石には家名や故人の戒名、俗名、経文や題目などの文字が刻まれています。お墓にどんな文字を刻むかについては、特に決まりはありません。ただし宗派の特徴的な文字や経文などを刻む場合には宗派ごとの形式に従います。また現代ではもっと自由な発想で、故人が好きだった言葉や人柄を思わせる言葉を刻むことも多くなっています。お客様のご希望を伺いながら、間違いのない形式や内容をご案内いたします。


単独墓か、合祀(ごうし)墓か

一般に、単独墓の場合は故人の戒名や俗名が、合祀墓の場合は「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」と家名が刻まれます。合祀墓に祀られた人の戒名などは、亡くなった順に墓誌に刻まれます。戒名と俗名では、戒名の方が一般的のようですが、その方の考え方や宗派によって異なる場合もあります。

宗派別の文字の刻み方

経文や題目は単独墓、合祀墓のどちらにもよく見られますが、宗派によって刻む文字や決まりごとが違います。たとえば天台宗では阿弥陀如来を、真言宗では大日如来をあらわす文字を刻むなど文字の違いや、浄土宗では五輪塔に文字を刻まない、浄土真宗では五輪塔を建てないなど形式の違いもあります。事前に菩提寺にご相談いただくか、こちらでお調べすることも可能です。

好きな言葉を墓碑に

「心」「絆」「偲」など一文字の言葉や、「永遠」「ゆめ」「家族」などの二文字、三文字以上でも「とわに」「ほほえみ」「ありがとう」など、最近では来世をイメージする言葉や家族への感謝などを表現する言葉を選ばれる方も多くなっています。また「秘すれば花なり」「天に星 地に花 人に愛」などの引用句や、英文もございます。

【著名人の墓碑銘】
「寂」… 谷崎潤一郎/作家
「命 一コマ」… 内田吐夢/映画監督
「今日もまたすぎた昔となりたらば並びて寝ねん西の武蔵野」… 与謝野晶子/歌人

書体も豊富

墓石の文字の書体にも特に決まりはありませんが、一般に楷書体、行書体、草書体、隷書体、ゴシック体などからお選びいただけます。墓石のデザインや言葉の持つ意味にふさわしい書体を日本語、英字ともに数多くご用意しております。また手書きの文字を使って彫刻することもできます。

家紋について

家紋を入れる場合は墓石ではなく、花立てや水鉢に入れるのが一般的です。文字もそうですが、墓石へ一度刻んでしまってからは変更、修正ができません。事前に間違いのないよう十分ご確認いただけるよう、お打ち合わせを進めてまいります。